選ばれる理由

万全の生産管理体制

ISO9001をはじめ、QC工程表による品質保証プログラム等、
全工程において厳格な生産管理体制を確立

Perfect Management

品質マネジメントISO9001を取得。金型製作から鍛造まで、
あらゆる工程において徹底した生産管理を実施しています

製品品質の均一化には、現場における徹底的な生産管理が欠かせません。中野鍛造所では、品質マネジメントISO9001を取得し、各工程でのサンプル検査はもちろん、マシンや金型のメンテナンス、生産工程の標準化を実施。切断材のチェックから、完成品の出荷前検査まで、全工程において徹底した生産管理を行い、常にお客様の期待に応える万全の生産体制を確立しています。

業界に先駆けてISO9001を取得。PDCAサイクルを通じて
日々の継続的な生産現場改善を実行

受注と同時に、金型・鍛造・切削の全工程業界に先駆けて、品質マネジメントシステムISO9001をいち早く取得。各工程において、Plan/Do/Check/Actionの「PDCAサイクル」を行い、日々改善を継続。作業工程や各種ツール類の標準化・マニュアル化を図り、常に安定した高品質なものづくりを可能にしています。

QC工程表により、材料受入れから完成品出荷まで各作業工程におけるチェックポイントを明確化。管理方法全体を作業標準書にまとめることで、品質管理を徹底しています。これら厳格な品質保証プログラムにより、不良品を限りなくゼロにし、お客様が求める高品質な製品製造を実現しています。

切削加工の場合、常に図面公差の中央値に合わせて、寸法にブレのない精密加工を追求。各種マイクロメーターや3次元測定器、ダイヤルゲージ等を用い、完成品の精度を厳しくチェックしています。中野鍛造所では、事前にお客様とゲージ校正を実施することで、鍛造部品データの正確な測定も可能にしています。

中野鍛造所では、お客様のご要望に応じ、納品時にミルシート(材料証明書)を添付。製品に使用している金属材料の機械的性質や化学的成分について、その規格値と製造実績値を証明しています。これにより、第三者に対するトレーサビリティーの保証を行っています。