選ばれる理由

独自の一貫生産システム

金型設計・製作から鍛造、二次加工までをシームレスに統合。
高品質とコスト削減を実現する独自の一貫生産システム

Integrated Manufacturing

金型設計・製作から鍛造、二次加工までトータルに対応。
独自の一貫生産システムによりコストを大幅削減しています

金型設計・製造を外部に委託している鍛造会社が多い中、中野鍛造所では社内に金型設計・製作部門を独立して設置。高度な技術とノウハウにより、鍛造後の切削や表面加工まで一貫対応可能な独自の生産システムを構築しています。これにより、従来の分離発注等で生じていたムダな管理や工程ロスを省き、一貫生産による大幅なコスト削減が可能です。

金型設計・製作から、鍛造・切削まで、
社内で全工程に対応可能な生産システムを構築

受注と同時に、金型・鍛造・切削の全工程に関わる情報を社内で共有、スピーディーな生産スケジュールが可能。金型設計者と鍛造技術者による直接ミーティングを行い、金型試作と同時に抜き型製作も並行して行うことで、最短納期生産を実現しています。

社内一貫生産により、情報伝達がスムーズに行え、作業工程間でのタイムロスを大幅に削減。 例えば新規受注の場合、最短即日で金型の設計・製作に入ることも可能です。 また、金型製作を行う前に鍛造承認図で確認していただくことで、再確認の手間が不要、スピーディーな金型製造が可能です。

新製品開発時の試作品等においてはトライ&エラーが多く、分離発注の場合、エラーが生じる度に変更・調整が必要となり、結果的にコスト増につながります。中野鍛造所独自の一貫生産システムなら、製品の不具合が発生した場合も、社内でスピーディーに対応。さらに、最終製品の保証をいたします。

金型設計・製造から鍛造、切削までの各工程毎に分離発注を行う場合、その都度打合せや検品を行う必要が生じ、納期管理も複雑になります。また、各外注先へ運搬するにもタイムロスが発生し、製品管理コストの増大を招きます。これらを弊社への一括発注に変更することで、複雑な工程管理による間接コストの大幅削減が可能です。