一流企業が認める高精度熱間鍛造 / 切削加工技術
お問い合わせダイレクト TEL.0729-61-6925
サイトマップ お問い合せ 資料請求 Home
HOME >> 設計から量産開始までの流れ
設計から量産開始までの流れ
HOME
コンセプト
中野鍛造が選ばれる理由
業務サービス
技術紹介
設備紹介
事例紹介
設計から量産開始までの流れ
新規のお取引について
企業情報
お問い合わせはこちらをCLICK
株式会社 中野鍛造
〒578-0913 東大阪市中野1-20-5
TEL. 0729-61-6925
FAX. 0729-64-7628
Flow from design to delivery of goods
ムダのないスピーディーな流れで各工程を進行させていきます。
鍛造図面製作から量産にいたる流れを、6過程に分けました。独自の一貫製作システムによりスピーディーで高品質な製品を供給できる体制を整えています。

step01
お客さまとの十分な打ち合わせのうえ、ご要望を反映させた鍛造図面の製作。
打ち合わせの上、お客さまのご要望を十分に聞かせていただきCAD/CAMによってスピーディーに、加工図面をもとに鍛造に適した形状をつくり図面に落とし込みます。その後、図面を承認図面として提出、承認をいただきます。

step02
鍛造図面の承認を経て、金型デザイン〜鍛造金型マスターを製作します。
承認図面をもとに複雑な形状の設計やモデリングにも対応するCAD/CAMシステムにより金型をデザイン。機械加工で電極を必要な形状につくりだし、それを放電加工により高精度な金型を製作します。

step03
金型の歪みが少なく安定した金型のための真空熱処理による熱処理。
寸法のバラツキが出ず安定した金型をつくる真空焼き入れは、金型の歪みが出にくく、表面の酸化もほとんどありません。650℃〜1050℃の高温で焼き入れと焼き戻しの処理をおこないます。

step04
図面に忠実に研磨する高度な技術が必要な研磨。職人技の光る工程です。
研磨は耐久性や精度に影響する工程なので、各寸法をゲージなどで測定しながら鏡面に近い状態になるまで仕上げます。最終的な寸法をチェックするため、上型、下型を合わせて型取りした石こうで寸法を測定します。

step05
使用材料のサイズや重さを決定する要素を決めるための鍛造試作。
お客さまに試作品を提出する前に、当該鍛造金型での材料のボリュームやサイズを検討するため、金型完成後に鍛造試作をおこないます。同時に製品の欠肉や傷など、出来栄え・不具合のチェックも重要です。

step06
超一流マシンを使用し、いよいよ量産へ。安定した精度の高品質な製品をつくります。
製品サンプル提出後、お客さまより承認をいただき、直ちに高性能マシンにより生産を開始できるスタンバイ体制を整えています。厳しいチェック工程を経て生まれる製品は高品質な最高の製品に仕上がります。
このページの先頭へ
Copyright(C) NAKANO-Group. all rights reserved.